笑って泣いて飲んで寝る生活


by happy-mizu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外国からのお客様

a0030823_2361413.jpgJICAの会議に出席するため、はるばるバングラディシュから来たラフィックさん。
義父がホームステイのボランティアしてたとか、ダンナがバングラを旅行した時、お世話になったとか・・・、そんな関係で、10年ぶりに再会しました。
私は初対面ですけど、東京観光に便乗しました。
もちろんみずも初対面。にもかかわらず、さっそく抱っこされて、上機嫌でピースなどしております。

英語ガイド付きはとバスツアー。
東京湾ランチクルーズと浅草観光。
これまた、人気が無くて、貸切!大きな黄色のバスに乗客4人。
当然、ガイドさんも専属です。いやはやほんとに助かったです。
義父さんは英語少々。ダンナは極少々。私、完全ダメ。今ドキの小学生以下。
私以外の人たちで、会話は弾みましたよ。私は会話に入るどころか、走り回るみずを追っかけてました・・・。
みずは、みんながOK、OK言ってるのを聞いて、「お~け~お~け~」と言って、周りを喜ばせてました。調子のイイヤツだ。
私だって、最後にかろうじて、今日は楽しかったよ。いつかバングラへ行きたいわ。とだけ言えましたよ。こういうのは気持ちが大事。心がこもっていれば、通じる(はず)。

彼はほんとに、真面目で明るくて、礼儀正しい方でした。
発展途上国である自国のシステムを変えようと、難しい試験をパスして公務員に転職したそうです。志も壮大でした。
バングラの物価は日本の10分の1以下。
お土産を買ってあげようと、「何がほしい?」と聞いても、遠慮してばかり。
無理矢理、「このポシェットは娘さん。バックは奥様。OK?」と選んだら、喜んでくれました。
デニム地に着物の柄がパッチワークされたもので、私も見てるうちに、そのバックがほしくなったのに・・・、売り切れて買えませんでした。それだけが心残りだな・・・。
息子さんのお土産は、コイノボリのおもちゃ。まさに子供ダマシ。3歳だからいいか。こっちの方は喜んでくれるか心配。

とにかく、疲れたけど、純粋に楽しかった。
いつかバングラデシュにも行ってみたいな。10年後くらいかな。
a0030823_2332962.jpg

写真は、船のデッキで、海の風を体で感じているところ。
みずは立っていられないくらい強風でした。
が、異常に興奮してキャアキャア叫びながら踊っていました。
[PR]
by happy-mizu | 2006-03-13 23:47 | おでかけ